棚卸、それは短期でしっかり稼げるお仕事

地図エリアから探す

フリーワード

ご希望の地域

ご希望の地域をクリックして下さい。

北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

職種から探す

  • 棚卸
  • 軽作業
  • その他

働き方 オススメのお仕事!

その1.職種から探す

棚卸し

棚卸しはスーパー、本屋、ドラックストア、コンビニエンスストアなどにチーム(5~10名)で伺い、商品を数えて、専用の機械に入力していくお仕事です。棚卸し専用端末機(電卓の様な10キーがあるもの)で商品のバーコードをスキャンし数を入力して行きます。正確に数値を入力していくこと、時間通りに作業を終わらせることが求められますが、チームで現場をまわるので、助け合いながら作業をします。多い時は各チームが集合して50名~100名の現場になる事もあります(ちょっとしたお祭り状態です)。

棚卸し
棚卸しの仕事を探す

軽作業

ペットボトルのおまけ付けや、アパレル用品・スポーツ用品の検品、梱包、仕分け、ピッキング、電化製品(小物)の検品、梱包、仕分け、ピッキングなどの作業を行って頂いただくお仕事です。作業する事務所や倉庫に集まって、自分のペースで検品や梱包、仕分けを行います。また、スーパーなどの店舗で行う品出し補充作業もあります。閉店後の深夜業務も他社に比べて多く案内していますので、Wワークにもピッタリです!

軽作業
軽作業の仕事を探す

その2.働き方から探す

アセットグループって? アセットグループは長期のプロ棚卸しスタッフを派遣するアセットインベントリー株式会社、短期でがっつり稼ぐ棚卸しスタッフを派遣する株式会社アセットオール、そして販売・接客のスタッフを派遣するじょぶオールから構成されています。ここからはアセットグループの魅力をあますところなく紹介します!アセットグループに興味がある方はぜひ求人情報をご覧くださいね♪

棚卸しの仕事を極めたい!

棚卸しとはスーパー、本屋、ドラックストア、コンビニエンスストアなどで、在庫数の確認をする仕事です。 主に日勤、夜勤があり、直接店舗に行き、陳列されている商品の在庫を数えます。
専用の電子端末でバーコードを読み取って、カウントした在庫数を入力していく単純な作業で重い荷物を持ち走り回るようなこともありません。しかし、その分、正確さと速さが求められます。勤務先によって異なりますが、お客様の少ない時間帯に作業を行うことが多く、終了時間も決められていることが多いです。そのため、作業だけではなく、時間に対しても正確であることがとても重要!また、自分の担当分の棚卸しが終わったら、他のスタッフの応援にまわることもあります。
黙々と一人でカウントするイメージが強い棚卸しですが、実はチームワークが大切です。単純に見えて奥が深い!これが棚卸しのお仕事です!!

棚卸しの仕事を極めたい!

短期で働きたい!

短期のお仕事には魅力がたくさん♪例えば…
・自分のスケジュールにあった日程が組めるのでプライベートも充実できる
・短い期間で一気に高収入も!
・毎回内容の違う、様々な仕事ができるので経験値UP
・人間関係に悩まされることも少ない
などなど。短期は自分の都合に合わせ、集中的に効率よく稼げることが魅力です。時間がないときにもしっかり稼げてプライベートも充実。短期集中タイプ、プライベート大事タイプ、稼ぎたいタイプ、当社で活躍しませんか?

短期で働きたい!

その3.時間帯から探す

早朝バイト N・Tさんの場合(女性・25歳・自営業・派遣歴3年)

大学生の頃からこの会社に登録して、仕事をしています。最初にこのアルバイトを選んだきっかけは、大学の講義の時間にあわせて自由に時間を決められること。サークル活動も盛んだったので一週間のうちに決まった時間働くコンビニや居酒屋でのアルバイトはなかなかできなかったので困っていたとき、軽作業や棚卸をするこの会社の求人情報に出会いました。自分のスケジュールにあわせて仕事を増減できるので、稼ぎたいときと遊びたいとき、メリハリをつけて仕事ができるのがいいなと思い、続けていました。今は日中は独立して自営業をしています。とはいってもまだ駆け出しで金銭的に不安なこともあり、早朝にここで仕事をしています。朝7時くらいに仕事が終わって、9時からは自宅で仕事をしています。深夜だと自分の仕事の都合がつかないときがあるのと、早起きはそんなに苦ではないので、早朝の仕事が自分に一番あっているように感じています。

朝/昼バイト A・Kさんの場合(女性・19歳・大学2年生・派遣歴1年)

棚卸のバイトは1年生の夏休みの時が最初で、アルバイトしたお金で冬休みに短期留学しました。私は大学でフランス文学を学んでいて、普段は授業をいっぱい入れているからバイトする時間なんてないんです。どうしようかな~と思っていたら、先輩が「短期でしっかり稼げるよ」って、この会社の求人情報を教えてくれました。
最初は棚卸といわれてもピンとこなかったです。
それに倉庫の中やお店が閉まった後に作業することが多いって聞いたから、なんだか暗い感じなのかなって不安でした。 でもそんなこと心配しなくてよかった。経験してみないとわからないですね。
同じ作業を繰り返すことが多いので、大学のレポートなんかをきれいに書ける人は絶対に向いてると思う。ほかのクルーを見ても真面目な人が多い気がします。大学生のクルー同士で話してみると、ちゃんと勉強もしているんだなって思う人たくさんいますよ。
自分がやった量がちゃんと目に見えるから、作業が終わると達成感があるんです。
例えば本屋の棚卸に行くと、私の背よりも高くて大きな本棚がありますよね。この棚の本を全部数えるのかと最初はうんざりするんですけど、数え終わったら、やった!って思う。だから飽きずに続けていられるのかな。もちろん大学在学中はお休みのときだけ働くつもりです。

夕方/夜バイト M・Yさんの場合(男性・35歳・派遣歴1年)

会社勤めをしながら、土日を使って働いています。
この不景気でいつ何が起こるかわからないと思っているので、給料以外に収入を得て貯蓄しておきたいなと考えています。自分の周りにも週末だけアルバイトしている人けっこういますよ。今後給料が驚くほど上がるとは思えないなら、それ以外で稼ぐしかないですから。ただ会社の上司や取引先の方に会うのは気まずいでしょ。例えばサービス業で「いらっしゃいませ」と言った相手が上司だったら、さすがに嫌だなと思って。その点、倉庫内の作業なら知人に会うことも少ないから安心です。
自分がどんなふうに働きたいか、社員さんがちゃんと相談にも乗ってくれたので、自分の勤め先と比べて、 しっかりした会社だなと思いました。夜間作業だけじゃなくて、夕方から始まって終電で帰れちゃうような仕事もあるから、自分の生活スタイルに合わせて仕事を選べるので、これからも続けていけると確信しています。
こういうバイトは学生さんばかりなのかなと思って、最初はどうしようかと悩んだんですけど、意外に同世代もいるんですよ。
派遣先までは車で移動することが多いんですが、その時は車内でわいわいしゃべって楽しいんです。同じ派遣先にはなるべく同じクルーが行くことになっているから、何度も顔を合わせているので自然と仲良くなるもんなんですね。大学の時のサ-クル活動みたいだなって思いました。もちろん、仕事中は真剣に働いています!

深夜バイト T・Sさんの場合(男性・27歳・派遣歴3年)

大学を出て就職した先が物流関係であまりに忙しく、体調を崩して退社しました。
その後すぐに就職することも考えたんですが、体調が万全ではなかったので、しばらく自分のペースで働きたいと派遣社員に登録しました。アセットオ-ルで紹介される派遣先は夜に働けるところが多かったのでいいなと思いました。以前の仕事もそうだったので、夜に働くのは全然苦じゃないんです。昼間に働くよりも時給がいいから働く側としては嬉しいし。僕が主にやっているのは棚卸の仕事なんですけど、棚卸には繁忙期があってそれ以外の時は仕事がすごく減るんです。
だからいくら自分のペースで働けるとはいえ、まったく仕事のない時期があるのは困るなと思っていたんですけど、そうじゃないんですよ。繁忙期以外には倉庫整備などほかの仕事を紹介してもらえるから、年間を通して仕事ができるのが魅力です。
本当はこんなに長く続けるつもりはなかったんです。でも働きやすいんですよ。最初は簡単な作業を任されるんですが、だんだんレベルアップしてくるし、社員の方がすごく丁寧に教えてくれるんです。
それで今は担当している派遣先のリーダーをしています。もっとレベルアップすれば社員の道も開けるというので、 本気でチャレンジしてみようかなと思っています。